自分への挑戦


女30半ば過ぎどう生きる?
by rinrin_sesami
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
福岡在住の私です。とても、依存心の強い私でした。33歳のとき、会社経営の夫を肺がんで亡くす。残された会社は財務処理を終え、なんとか落ち着く。やはり、女性は自立しておかなければと思い、ゼロからの再スタート。起業への道を選択し、日々、奮闘中~

メールは下記アドレスへ
GSig



三十路ガールズサイト


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
sell house
from sell house
maybelline l..
from maybelline lip..
exit realty
from exit realty
map of easte..
from map of eastern..
civic si hat..
from civic si hatch..
air travel d..
from air travel dis..
verzion wire..
from verzion wirele..
numa numa ri..
from numa numa ring..
free real ri..
from free real ring..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

失敗してもチャレンジシ続ける事

今日、テレビで、ドキュメント番組があって、11歳の少女のお話でした。
彼女は生まれたときから、全盲だったとの事。
8歳から水泳を習い始めたのです。いずれは、一人で生きていかなくてはいけない・・・強くなってもらいたいという母親の気持ちから習わせるようにしたとのことです。
彼女は母親と一緒にトライアスロンも挑戦したのです。自転車に乗るときも母親の声を頼りに、
一人で乗っていくのです。

普通、目を閉じたらバランス感覚がなくなるのに、自転車に一生懸命乗っていました。
そして、完走しました。

印象に残っている場面は、彼女が8歳のとき、水泳で、飛び込み台からの練習風景でした。
飛び込み台から水中に飛び込むまで、40分かかったのです。とても怖かっただろうと思います。彼女が不安がっているとき、先生が、何もしなかったら何も始まらないよ。これから先、何もできないよ。それでもいいの?・・・飛び込みが下手でもいいじゃん。下手は練習すればうまくなる。すると彼女は(頑張る)といって、飛び込んだのです。

今、彼女はパラリンピック目指して頑張っています。
最後に、彼女はこう言ってました

目が見えないから、何も出来ないではなく、色々チャレンジしていきたい
失敗したときはまたチャレンジすればいいから・・・11歳の少女の言葉です。

11歳の少女から、勇気をもらいました。ありがとう。当たり前と思っていることは実は当たり前
ではないんですよね。

b0106737_304058.jpg

[PR]

by rinrin_sesami | 2006-07-02 23:50 | 心に残った言葉
<< 出会い、人とのご縁に感謝 こつこつと・・・ >>